Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

食物アレルギーなど小学校児童の個人情報をサイトに誤掲載 - 福岡市

福岡市東区の小学校において、児童の氏名や食物アレルギーに関する情報が、誤ってウェブサイトに掲載されていたことがわかった。

同市によれば、4月12日12時ごろから14日12時にかけて、同小学校のウェブサイトに児童数の一覧を掲載しようとしたところ、誤って同区にある別の小学校の児童名簿を誤って掲載してしまったという。

誤掲載されたのは、2012年度における児童23人の氏名と食物アレルギーに関する情報で、前教頭が前任校から持ち出したものだった。

ウェブサイトに掲載するデータを校長が誤って指示したのが原因としており、同校では対象となる児童の家庭訪問を行って謝罪した。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
市立小で「家庭連絡票」ファイル6冊が所在不明に - 大阪市
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市