Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでオープンデータサイトが攻撃の踏み台に - 岡山県

岡山県内の公共データを提供するウェブサイト「おかやまオープンデータカタログ」が、不正アクセスを受けたことがわかった。同県では同サイトを停止し、調査を進めている。

同サイトは、同県と県内の市町村が保有する公共データを、二次利用が可能なオープンデータとして公開する試み。予算や人口などの基礎情報のほか、防災関連情報など1月13日より85件のデータセットを公開している。

同県によれば、同サイトに対して3月17日未明に不正アクセスがあり、外部に対する攻撃の踏み台に利用されていることが判明したという。

同県では同日4時過ぎに同サイトを停止。同サイトの運用保守を担当する委託業者が調査を進めている。同サイトは個人情報を保有しておらず、個人情報流出の可能性について否定した。

同県では、調査結果を踏まえて必要な対策を実施し、安全を確認したうえで再開したい考えだが、具体的な再開時期は未定。

(Security NEXT - 2017/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
メルアカに不正アクセス、迷惑メールが送信 - 山口県信用保証協会
「Snowflake」の利用者狙う攻撃が増加 - 不正ログイン被害の確認を
不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社
RIZAPグループの夢展望子会社、公式サイトのドメインを奪われる
ディップの求人掲載企業に再び不正アクセス - 過去事案と同一犯の可能性