Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TKC、マイナンバーカードを社内業務で活用

TKCは、今夏より社内業務でマイナンバーカードを活用すると発表した。

マイナンバーカードのICチップに設けられた拡張利用領域の社内業務に活用するもので、社内セキュリティルームへ入室する際の認証や、個人情報を取り扱う端末の認証などに活用するという。

初年度は、開発担当者20名程度を対象に実施。実施結果を踏まえ、勤怠管理や業務パソコンへのログイン管理など、ほかの社内業務への利用拡大や、同社の製品およびサービスへの展開も検討する。

また同社では、従業員情報をマイナンバーカードに書き込んだり、カードから情報を読み取って業務権限や入退室の認証を管理する専用システムの開発も進める。

(Security NEXT - 2017/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡