Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、オプトアウトによる個人データの第三者提供届出で事前受付

個人情報保護委員会は、オプトアウトによる個人データの第三者提供の届出について、3月1日より事前受付を開始する。

5月30日に改正個人情報保護法が施行となり、同法では個人データの不正流通対策として、オプトアウト手続きを行っていることなど、同委へ届け出ることを必要としたことから、事前の届け出について受け付けるもの。

オプトアウト手続きの届出の主な対象者は、いわゆる「名簿事業者」としており、名簿事業者以外の届け出が必要となるかは個別の判断となるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ
小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
DMに他人の個人情報、委託先の印刷ミスで - 麗人酒造