Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、オプトアウトによる個人データの第三者提供届出で事前受付

個人情報保護委員会は、オプトアウトによる個人データの第三者提供の届出について、3月1日より事前受付を開始する。

5月30日に改正個人情報保護法が施行となり、同法では個人データの不正流通対策として、オプトアウト手続きを行っていることなど、同委へ届け出ることを必要としたことから、事前の届け出について受け付けるもの。

オプトアウト手続きの届出の主な対象者は、いわゆる「名簿事業者」としており、名簿事業者以外の届け出が必要となるかは個別の判断となるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市