Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、オプトアウトによる個人データの第三者提供届出で事前受付

個人情報保護委員会は、オプトアウトによる個人データの第三者提供の届出について、3月1日より事前受付を開始する。

5月30日に改正個人情報保護法が施行となり、同法では個人データの不正流通対策として、オプトアウト手続きを行っていることなど、同委へ届け出ることを必要としたことから、事前の届け出について受け付けるもの。

オプトアウト手続きの届出の主な対象者は、いわゆる「名簿事業者」としており、名簿事業者以外の届け出が必要となるかは個別の判断となるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
顧客個人情報を同意を得ずトヨタへ提供 - トヨタ車ディーラー
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
入札情報サービスで個人情報を誤掲載 - 新潟県
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市