Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、オプトアウトによる個人データの第三者提供届出で事前受付

個人情報保護委員会は、オプトアウトによる個人データの第三者提供の届出について、3月1日より事前受付を開始する。

5月30日に改正個人情報保護法が施行となり、同法では個人データの不正流通対策として、オプトアウト手続きを行っていることなど、同委へ届け出ることを必要としたことから、事前の届け出について受け付けるもの。

オプトアウト手続きの届出の主な対象者は、いわゆる「名簿事業者」としており、名簿事業者以外の届け出が必要となるかは個別の判断となるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測