Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立情報学研、大学のセキュリティ対策支援で職員募集

国立大学におけるインシデント対応など、サイバー攻撃への対応能力を備えた体制構築作りに向けて人材募集が行われている。

国立大学のインシデント対応を支援する事業「大学間連携に基づくサイバーセキュリティ体制の基盤構築」として、国立情報学研究所が特定有期雇用職員について募集しているもの。同事業は2016年度より実施している。

具体的には、ネットワーク上に攻撃観測システムを設置して攻撃の分析を行い、危険度や緊急度について各国立大学に情報提供を行うほか、国立大学で情報セキュリティを担当する職員を対象に実環境を使った研修を実施する。

同研究所では同事業の推進にあたり、特定有期雇用職員として特任研究員および特任技術専門員を募集しており、人数は若干名としている。

(Security NEXT - 2017/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催