Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重県総合文化センターに不正アクセス、一部サービスを停止

三重県総合文化センターが不正アクセスを受け、リバースプロクシサーバにマルウェアへ感染していたことがわかった。ウェブサイトの一部を停止している。

同センターを運営する三重県文化振興事業団によれば、同センターのウェブサーバを保護するために導入していたリバースプロキシサーバが2月9日に不正アクセスを受け、マルウェアに感染したという。問題のサーバをネットワークから遮断したうえで、原因究明と対策を進めている。

また同サーバを遮断した影響から、同センターのインターネット仮予約や空き状況照会など、複数のサービスが利用できない状況になっている。

さらに同月13日11時ごろ、同事業団が外部メールサーバの安全確認を行ったところ、メールサーバに対して攻撃を試みた痕跡を発見。メールサービスについても停止し、原因の調査を行っている。

今回の不正アクセスによるサイト改ざんや情報流出などの被害については否定している。

(Security NEXT - 2017/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス