Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【特別企画】「セキュリティ赤ちゃん国」の日本、人材育成と意識改革がカギ

IoTやAIが登場し、ネットワークの世界が大きな変革を迎えようとしている。一方で必ず求められるのがセキュリティだ。

20170214_js_001.jpg
JSSECでは、スマートフォンを中心にクラウドやIoTなど含めたセキュアな世界を目指すコンセプトを掲げている

2012年にロンドンで開催されたオリンピック、パラリンピックでは2億回以上のサイバー攻撃が観測されたが、人口の増加やインターネットへ接続される機器の急増にともない、2020年の東京大会では160倍にあたる320億回のサイバー攻撃が予想されるという。

人材不足も叫ばれるなか、どのようにIoT時代のセキュリティへ向き合わなければならないのだろうか。

その最適解を模索すべく、2月8日にシンポジウム「JSSEC セキュリティフォーラム 2017 スマートフォン/IoT、その先にあるICT社会のセキュリティについて考える」が都内で開催された。

20170214_js_002.jpg
安田浩氏

今回のシンポジウムは、日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)がIoT社会の到来を見据え、スマートフォンのセキュリティ専門家の視点からIoTなどのセキュリティに注目し、さまざまな講演を企画したものだ。

なかでも注目度が高い基調講演には、同協会代表理事会長で東京電機大学の学長でもある安田浩氏が登壇した。

日本はセキュリティが依然として進んでいない「赤ちゃん国」だと指摘する安田氏。ネットワークがさらなる発展を遂げ、AIが人類を超えるとも言われる未来に向けて考えるべきことは何か。

講演内容は、日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)のウェブサイトよりチェックできる。

(提供:日本スマートフォンセキュリティ協会 - 2017/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛