Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含む成績原簿が所在不明 - 奈良先端大

奈良先端科学技術大学院大学において、学生の個人情報が記載された「成績原簿」が所在不明になっている。

同大学によれば、常時施錠した倉庫に保管されている成績原簿が紛失していることが、2016年12月12日に実施した点検作業によって判明したもの。

同年6月22日の点検時には、倉庫に収納されていることを確認していることから、その後7月から8月にかけて倉庫内を整理した際に、不要文書とともに誤って廃棄した可能性が高いという。

紛失したのは2014年度に情報科学研究科で開講された授業の成績原簿で、同科に在籍し2014年度に成績評価を受けた学生354人分の氏名や学生番号、研究室名、授業科目名、授業担当教員名、評価などが記載されていた。

同大学では、対象となる学生に謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2017/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
職員の健診結果通知票が所在不明 - 茨木市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス