Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、24件の脆弱性に対応した「Safari 10.0.2」を公開

Appleは、同社ブラウザのセキュリティアップデート「Safari 10.0.2」を公開した。

今回のアップデートでは、「WebKit」に関する脆弱性23件や、「Safari Reader」の脆弱性1件など、CVEベースであわせて24件の脆弱性を解消した。

「OS X Yosemite v10.10.5」や「OS X El Capitan v10.11.6」向けに提供するほか、同日リリースした最新「macOS Sierra 10.12.2」にも同梱されている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-4692
CVE-2016-4743
CVE-2016-7586
CVE-2016-7587
CVE-2016-7589
CVE-2016-7592
CVE-2016-7598
CVE-2016-7599
CVE-2016-7610
CVE-2016-7611
CVE-2016-7632
CVE-2016-7635
CVE-2016-7639
CVE-2016-7640
CVE-2016-7641
CVE-2016-7642
CVE-2016-7645
CVE-2016-7646
CVE-2016-7648
CVE-2016-7649
CVE-2016-7650
CVE-2016-7652
CVE-2016-7654
CVE-2016-7656

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性