Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FireEye、セキュリティ管理を自動化するプラットフォーム - 招待制プログラムを展開

米FireEyeは、セキュリティ管理を自動化するセキュリティプラットフォーム「FireEye Helix」を発表した。招待制のプログラムを展開しており、一般向けのリリースは、2017年第1四半期を予定している。

同製品は、オンプレミスやクラウドにおけるセキュリティの運用管理を一元的に管理し、自動化するセキュリティプラットフォーム。

同社のエンドポイントセキュリティとネットワークセキュリティの検知技術を統合。さらに企業内に存在する他社のセキュリティ製品からのアラートも組みあわせることが可能。レスポンスの自動化し、脅威への対応時間を大きく短縮できるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント