Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NETGEAR製ルータの脆弱性、修正ファームウェアを準備中

NETGEAR製の一部ルータに管理者権限でコード実行が可能となる脆弱性が見つかった問題で、同社は脆弱性を修正したファームウェアの準備を進めている。

同社が提供する「同R8000」「同R7000」「同R6400」において、ウェブインターフェースより認証なく任意のコマンドが実行できる脆弱性が明らかとなったもの。

脆弱性の回避策として機器のウェブサーバを停止したり、製品そのものの利用を控えるようセキュリティ機関では注意喚起を行っている。

今回の問題を受けて、NETGEARでは脆弱性に関する調査を進めており、対策を施したファームウェアを近日中にリリースする計画だという。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper