Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ銀のAndroid向けネットバンキングアプリにPOODLEの脆弱性

三菱東京UFJ銀行が、Android端末向けに提供しているオンラインバンキング用アプリに、脆弱な暗号プロトコル「SSL 3.0」で通信するおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同行アプリ「三菱東京UFJ銀行」に、SSL/TLSのダウングレード攻撃が可能となるPOODLEの脆弱性「CVE-2016-7812」が含まれていることが判明したもの。

同脆弱性は、「同5.3.1」や「同5.2.2」および以前のバージョンに存在。脆弱性が悪用されると暗号化プロトコルを「SSL 3.0」へとダウングレードし、通信内容が漏洩するおそれがある。

今回の脆弱性は、吉田麗生氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告し、同センターが調整を実施。同行では、脆弱性を解消した「同5.3.2」をリリースしている。

(Security NEXT - 2016/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
Veeamのバックアップ管理ツールに深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
4月のアップデートでのべ37件の脆弱性に対応 - Atlassian
「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 最新版に更新を
「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する6件の修正を実施
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局