Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

操作ミスで顧客メアドリストを誤って送信 - ソフト開発会社

システム開発や販売を手がけるシステムコンサルタントは、メール配信時のミスにより、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、11月14日9時過ぎに配信したメールにおいて、操作ミスにより顧客1万3011人分のメールアドレスリストを本文として誤って送信してしまったもの。配信中にミスへ気が付き、配信プログラムを強制終了したが、1016件のメールアドレス宛に送信されてしまったという。

同社では、関係官庁に事故について報告。メールの配信対象者に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。またシステムにおける承認機能の強化を図るなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2016/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県