Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JavaScriptの変化も調べるサイト改ざん検知サービス

セキュアブレインは、ウェブサイトの改ざん検知サービス「GRED Web改ざんチェック Cloud」を、12月1日より提供開始する。

同サービスは、ウェブサイトのコンテンツを定期的に解析することで改ざんを検知するソリューション。改ざん検知時に管理者へメールで通知するほか、改ざんされたページや改ざんの手法に関するレポートを提供する。

従来サービス「GRED Web改ざんチェック」の後継にあたり、あらたに「JavaScript」の変化を検知する「スクリプト変化検知エンジン」を追加。HTML内の特定タグにおける「src属性」や「href属性」の変化や、実行ファイルの不審な動きを検知するエンジンを搭載している。

価格は、1ドメイン、1000URLに対して1日4回の解析を行う場合、月額3万2400円から。

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化