Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMS「Joomla!」に2件の深刻な脆弱性 - 即時アップデートを推奨

コンテンツマネジメントシステム(CMS)「Joomla!」の開発チームは、2件の深刻な脆弱性や2要素認証のバグへ対応したセキュリティアップデート「Joomla! 3.6.4」を公開した。

20161026_jo_001.jpg
3件の修正を行った「Joomla! 3.6.4」

開発チームによれば、同アップデートでは、「同3.6.3」から「同3.4.4」までに存在する2件の深刻な脆弱性を修正した。

「CVE-2016-8870」を悪用することで、アカウントの作製が可能。「CVE-2016-8869」により権限の昇格が生じるおそれがある。また同アップデートでは、2要素認証のバグを修正した。

開発チームは、「Joomla! 3.6.3」から、これらセキュリティに関する修正以外の変更は行われていないと説明。利用者に対して即時アップデートを実施するよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2016/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も