Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、インシデントレスポンスパートナーを拡充

カスペルスキーは、インシデント対応サービスを協力して提供するインシデントレスポンスパートナープログラムにおいて、あらたに4社とパートナー契約を締結した。

同プログラムは、セキュリティインシデントが発生した企業に対し、同社と認定パートナー企業により、初動対応の支援や、フォレンジック、マルウェア解析など実施し、再発防止などを支援するもの。2月より提供している。

今回あらたに、ネットワールド、ブロードバンドセキュリティ、ユーザーサイド、横浜情報機器の4社とパートナー契約を締結した。同社では2017年前半までに12社との締結を目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材