Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、インシデントレスポンスパートナーを拡充

カスペルスキーは、インシデント対応サービスを協力して提供するインシデントレスポンスパートナープログラムにおいて、あらたに4社とパートナー契約を締結した。

同プログラムは、セキュリティインシデントが発生した企業に対し、同社と認定パートナー企業により、初動対応の支援や、フォレンジック、マルウェア解析など実施し、再発防止などを支援するもの。2月より提供している。

今回あらたに、ネットワールド、ブロードバンドセキュリティ、ユーザーサイド、横浜情報機器の4社とパートナー契約を締結した。同社では2017年前半までに12社との締結を目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「改訂新版セキュリティエンジニアの教科書」が発売 - 日本シーサート協議会
中小企業向けにネットワーク脅威の検知パッケージ - NTTセキュリティ
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
SaaSの設定不備や不審操作を検出するソリューション - IIJ
漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ
「サイバーセキュリティ関係法令 Q&Aハンドブック」が改訂
サイバー攻撃に対するBCPの策定を支援 - ニュートン・コンサル
MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放
主要ベンダー製品と連携するXDRを7月に提供 - Cisco
NICT、2023年度サイバー防御演習「CYDER」の受講者募集を開始