Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、「FFR yarai」と「SML」の連携ソリューション

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、エンドポイント向けセキュリティ対策サービス「マルウェア侵入経路追跡サービス」を提供開始した。

同サービスは、FFRIのセキュリティ対策ソフト「FFR yarai」と、キヤノン電子のログ収集や端末制御機能を備える「SML」を組み合わせたソリューション。攻撃を監視し、侵入経路や拡散状況など調査し、富士通SSLの情報を踏まえた上で調査結果を報告。セキュリティ改善案を提案する。

価格は、エンドポイント1000台の場合、月額86万4000円から。ツールライセンスが別途必要となる。同社では今後2年間で10億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2016/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も