Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Yahoo!で約5億件のアカウント情報が漏洩 - 背後で国家が関与か

米Yahoo!は、少なくとも5億件のアカウント情報が窃取されたことを明らかにした。攻撃者の背後に国家が関与しているとの見方をしている。

20160923_ya_001.jpg
アカウントの漏洩を公表したYahoo!

同社の調査では、2014年後半に同社ネットワークより少なくとも5億件のアカウント情報が摂取されたと見られるという。盗まれたデータには、氏名やメールアドレスをはじめ、電話番号生年月日、ハッシュ化されたパスワードが含まれる。

さらに一部には、パスワードの再発行などに用いるいわゆる「秘密の質問」や「回答」が含まれている場合があり、暗号化されていないケースもあった。

同社は今回の漏洩について、国家より支援を受けている攻撃者が関与していると見ており、当局と協力しつつ調査を進めている。漏洩の時期は2014年後半としており、現時点で攻撃者がネットワークに侵入していることを示す形跡は確認していない。

同社では、関連する利用者に通知するとともに、関連するアカウントを保護する措置を実施。2014年以降、パスワードを変更していない利用者へパスワードの変更を促した。

また今回漏洩が判明したアカウントと同様や類似した情報を用いている他オンラインサービスのアカウントについても、不審な行動がないか確認し、パスワードや秘密の質問について変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
約5カ月間、海外現地法人や海外支局に不正アクセス - 日経新聞
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会