Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシング対策セミナー」を都内で開催 - 最新の動向や対策を紹介

フィッシング対策協議会は、フィッシング対策の促進をテーマとした「フィッシング対策セミナー2016」を、11月22日に都内で開催する。

同イベントは、効果的なフィッシング対策の促進をテーマにしたセミナー。フィッシング詐欺に関連する法執行機関やeコマース事業者、金融機関、学術機関がそれぞれ専門的な立場から、最新の動向や対策について講演を行う。また、フィッシング対策サービスやソリューションを紹介する展示も予定している。

会場は、東京都品川区の大崎ブライトコアホールで参加費は無料。定員は300人で先着順で受け付ける。申込方法は、10月初めに公開する予定。詳細は、イベント紹介ページから。

(Security NEXT - 2016/09/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増