Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、「Traps」を機能強化 - 静的解析機能や隔離機能を追加

パロアルトネットワークスは、同社のエンドポイント向けセキュリティソリューション「Traps」の新版を提供開始した。

同製品は、メモリの保護やコード実行の防止といったエクスプロイト対策機能や、WildFireによる解析および実行制御といったマルウェア対策機能を備えたエンドポイント向けソリューション。

新版では、機械学習による静的解析機能を追加。ファイルにおける数百種類の特性を検証し、マルウェアを検出するほか、同社のクラウドソリューションであるWildFireの情報による育成が可能となっている。また、マルウェアの隔離機能や、コード署名の判定機能を追加している。

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
同じ「看板」掲げても異なるセキュリティ対策製品
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」