Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由の脅威に対抗するブラウザ用プラグイン - チェック・ポイント

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、ウェブベースの脅威へ対応するウェブブラウザ向けプラグイン「SandBlast Agent for Browsers」を発表した。2016年第3四半期より提供する予定。

同製品は、ブラウザ経由で侵入するマルウェアやフィッシングなどへ対応するブラウザ向けプラグイン。PDFやOfficeファイルなどダウンロードしたファイルを再構成してリスクを低減する「Threat Extraction」や、PDFやOfficeファイルのほか、実行ファイルなどサンドボックスで検査する「Threat Emulation」を利用できる。

またヒューリスティック技術を利用してフィッシングを検知する機能のほか、パスワードの使い回しによるポリシー違反の警告機能を搭載した。提供当初は「Chrome」に対応し、近日中に「Internet Explorer」へ対応する予定。

(Security NEXT - 2016/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイクロサービスを構築するフレームワーク「Spin」に脆弱性
米政府、悪用が確認された脆弱性3件について注意喚起
「Firefox 124」が公開、「クリティカル」含む脆弱性12件を修正
【更新】「VMware ESXi」など複数製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自の脆弱性修正も
「iOS 16.6」が公開に、ゼロデイ脆弱性を修正 - 旧端末向けにも
「iOS」や「iPad」にアップデート、旧端末向けも - 複数ゼロデイ脆弱性に対処
Macに悪用済み脆弱性 - セキュリティアップデートを公開
レポートプラットフォーム「jsreport」に深刻な脆弱性 - 依存関係に起因