Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性診断ツール「OWASP ZAP」の体験学習サービス

HASHコンサルティングは、オープンソースであるウェブサイトの脆弱性診断ツール「OWASP ZAP」について解説する新サービスを開始した。

「脆弱性検査ハンズオンセミナーwith OWASP ZAP」は、情報システム部やウェブサイトの運営担当者などを対象に、脆弱性診断ツールの使用方法をハンズオン形式で説明するサービス。

情報処理推進機構(IPA)が運用する「ウェブ健康診断仕様」に準拠した脆弱性検査を行うための方法を解説。さらに脆弱性についての詳細な解説を行うコース「OWASP ZAP Maniacs」を用意している。

カリキュラムは、休憩を含めて2時間30分。価格は「脆弱性検査ハンズオンセミナーwith OWASP ZAP」は、21万6000円から。「OWASP ZAP Maniacs」は16万2000円から。

(Security NEXT - 2016/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立