Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、アジア7カ国で「アジア共通統一試験」の普及キャンペーン

情報処理推進機構(IPA)は、アジア7カ国における情報処理技術者試験「アジア共通統一試験」の普及キャンペーンを9月より実施する。

アジア圏におけるIT人材の育成と活用を目的に、2005年に設立された「IT Professionals Examination Council(ITPEC)」では、日本の情報処理技術者試験をベースにした「アジア共通統一試験」を実施し、これまで5万7757人が受験し、1万736人が合格している。

日本における「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」「ITパスポート試験」相当の内容となっており、日本と共通の尺度で技術者を評価できる。

同機構では、同試験の受験者数の増加を目的とした普及キャンペーンを9月から2018年6月30日まで実施。対象はITPECに加盟しているフィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、モンゴル、バングラデシュのアジア7カ国。

各国でサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」をモチーフにしたクリアフォルダを受験者に配布するほか、ハローキティをあしらったポスターやチラシ、ウェブサイトなどが制作される予定としている。

(Security NEXT - 2016/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始