Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、アライドテレシス製品に不正IPリストを提供

ラックは、アライドテレシスのUTM製品向けに「脅威情報リスト」の提供を開始する。

ラックが運営するセキュリティオペレーションセンター「JSOC」にて蓄積した不正なIPアドレスの情報をネットワーク機器向けに提供するもの。

アライドテレシスでは、9月より「AR4050S」および「AR3050S」にて対応し、情報を活用する予定で、これら機器では不正IPアドレスへの接続を自動的に遮断するとしている。

(Security NEXT - 2016/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト