Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pokémon GO」のパチモンに注意 - 国内配信開始となった正規版の入手を

スマートフォン向け人気ゲーム「Pokémon GO」が人気を博しており、日本向けにも配信が開始されたが、未配信国などを狙った非正規アプリが、すでに40件以上に及んでいることがトレンドマイクロの調査で判明した。

同社クラウド基盤による観測では、正規アプリ以外で「Pokémon GO」をかたるアプリは、43件に上っており、そのうち19件については、本来要求されないデバイスの管理者権限を求められるなど、不正な動作を行うよう改造されていたという。

いずれも「Google Play」以外で流通しており、誤ってインストールすると、遠隔操作が行われたり、他不正アプリのインストール、不正に広告を表示するなど、被害に遭うおそれがある。偽アプリ以外にも、オフィシャルサイトに見せかけて誘引する偽サイトなども出回っており、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
NECのソフトェアWAFに脆弱性 - 権限昇格に悪用されるおそれ
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性