Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pokémon GO」のパチモンに注意 - 国内配信開始となった正規版の入手を

スマートフォン向け人気ゲーム「Pokémon GO」が人気を博しており、日本向けにも配信が開始されたが、未配信国などを狙った非正規アプリが、すでに40件以上に及んでいることがトレンドマイクロの調査で判明した。

同社クラウド基盤による観測では、正規アプリ以外で「Pokémon GO」をかたるアプリは、43件に上っており、そのうち19件については、本来要求されないデバイスの管理者権限を求められるなど、不正な動作を行うよう改造されていたという。

いずれも「Google Play」以外で流通しており、誤ってインストールすると、遠隔操作が行われたり、他不正アプリのインストール、不正に広告を表示するなど、被害に遭うおそれがある。偽アプリ以外にも、オフィシャルサイトに見せかけて誘引する偽サイトなども出回っており、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
学生の就活支援アプリ「OfferBox」に一時脆弱性 - すでに解消済み
「iTunes for Windows」に脆弱性 - アップデートで修正
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
マイクロサービスを構築するフレームワーク「Spin」に脆弱性
「VMware Avi Load Balancer」に認証情報漏洩など複数脆弱性
権限ない学生が教務システムで個人情報を閲覧可能に - はこだて未来大
露APT28のマルウェア「GooseEgg」が見つかる - 2019年4月よりゼロデイ攻撃を展開か
iOS向けLINEアプリの「金融系モジュール」に脆弱性 - アップデートで修正済み
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性