Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日テレ、不正アクセスによる情報漏洩で調査報告 - 利用ソフトの開発に落ち度、委託先運用体制にも問題

日本テレビは、4月20日に不正アクセスを受け、視聴者の個人情報が漏洩した問題で、内部調査を実施し、結果を公表した。

原因究明や責任の所在、再発防止策などを調査検討したもの。同社や委託先であるフォアキャスト・コミュニケーションズについて、インタビューやログ、ドキュメント、実地などによる調査を行い、報告書として取りまとめた。

20160715_nt_001.jpg
不正アクセスが発生した当日の経緯。以降の経緯についても明らかにしている(表:日テレ)

問題の不正アクセスは、4月20日13時ごろより、同サイトで導入していたMovable Type用のプラグイン「ケータイキット」に対して、「OSコマンドインジェクション」のゼロデイ攻撃が行われたもの。番組の視聴者参加イベントの応募者情報など、のべ42万8138件が漏洩した。

(Security NEXT - 2016/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響