Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastが13億ドルでAVGを買収、ユーザー数が4億に拡大

Avast Softwareが、AVG Technologiesを買収することがわかった。いずれもチェコ共和国出身のフリーミアムモデルを採用するセキュリティベンダーで、買収後にエンドポイントの合計は4億台にのぼるという。

Avast Softwareは、AVGの全株式を1株あたり25ドルで取得。取引総額は約13億ドルの規模となる。すでに両者の取締役会では承認されており、AVGの株主に対して承認の申し入れを行っている。

今回の買収により、展開地域や技術などそれぞれを相互に補完。合併後のエンドポイントは、合計4億台以上としており、これらをマルウェアの情報を取得するためのセンサーとして活用。あらたな脅威の検出に利用するなどスケールを活かしたビジネスを展開していくとしている。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安