Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastが13億ドルでAVGを買収、ユーザー数が4億に拡大

Avast Softwareが、AVG Technologiesを買収することがわかった。いずれもチェコ共和国出身のフリーミアムモデルを採用するセキュリティベンダーで、買収後にエンドポイントの合計は4億台にのぼるという。

Avast Softwareは、AVGの全株式を1株あたり25ドルで取得。取引総額は約13億ドルの規模となる。すでに両者の取締役会では承認されており、AVGの株主に対して承認の申し入れを行っている。

今回の買収により、展開地域や技術などそれぞれを相互に補完。合併後のエンドポイントは、合計4億台以上としており、これらをマルウェアの情報を取得するためのセンサーとして活用。あらたな脅威の検出に利用するなどスケールを活かしたビジネスを展開していくとしている。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁