Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidランサムウェアとの遭遇、1年で4倍に - 大半が画面ロック型

2015年度にAndroid端末でランサムウェアに遭遇したユーザー数が、1年で約4倍に増加していることがわかった。Kaspersky Labが、検知状況を取りまとめた。

同社が、同社対策製品から収集した情報に基づき、Android端末を標的にしたランサムウェアの状況について分析したもの。2014年4月から2016年3月までの2年間における状況を調べ、2014年度と2015年度で比較分析した。

20160701_kl_001.jpg
Androidでランサムウェアに遭遇したユーザー数推移(グラフ:カスペルスキー)

2015年度にAndroidランサムウェアに遭遇したユーザーは13万6532人。2014年度の3万5413人の約4倍に増加した。Androidマルウェアにおいてランサムウェアが占める割合を見ると、2014年度の2%から4.6%へ上昇している。調査期間中に観測した攻撃の90%以上は、「Small」「Fusob」「Pletor」「Svpeng」と4種類のマルウェアファミリーが占めていた。

2014年4月の調査開始当初には、Androidランサムウェアの攻撃に遭ったユーザーはほぼゼロだったが、2016年2月には1カ月あたり約3万ユーザーへと拡大している。同社はAndroidを狙った攻撃は今後も継続すると予想。スマート家電などへの波及にも警戒している。

また暗号化型ランサムウェアが急増しているパソコンに対し、Android向けのランサムウェアは、画面ロック型が大半を占めている。この点について同社は、Androidデバイスは、画面ロックを解除するために外部ハードウェアを使う必要がある場合もあり、パソコンの暗号化型と同様の効果が得られるためだと分析している。

(Security NEXT - 2016/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て