Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホアプリ「スシロー」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ

回転寿司チェーンを展開するあきんどスシローのスマートフォンアプリに中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、iOSおよびAndroid向けに提供されているアプリ「スシロー」において、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2016-4830」が含まれていることが判明したもの。

マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)による通信の盗聴といったおそれがある。同社は脆弱性を解消した新版を各アプリストアで提供している。

今回の脆弱性は、サイバーディフェンス研究所の手島裕太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み