Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAバンク岩手のサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

JAバンク岩手のウェブサイトが一時改ざんされ、閲覧者にマルウェア感染のおそれがあったことがわかった。ウェブサイトはすでに修正されている。

JAバンク岩手によれば、不正アクセスにより、6月9日20時前から翌10日11時過ぎにかけてウェブサイトが改ざんされたという。期間中にウェブサイトを閲覧すると悪意ある外部のサイトへ誘導されるおそれがあった。

問題発覚後、改ざんされた部分を修正。ウェブサイトを管理しているサーバにマルウェア感染がないことを確認後、サイトを再開した。個人情報流出などは確認されていないとしている。また利用者に対して、最新のセキュリティ対策ソフトを用いて、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
スポーツ用品販売のヒマラヤ公式Xが乗っ取り被害 - なりすましDMに注意
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
求職情報サイトで遠隔操作やデータ取得の形跡 - 日刊工業新聞
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚