Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

札幌市関連サイトへ不正アクセス - 公開を一時中止

札幌市が運営するサーバが不正アクセスを受けたことがわかった。同市は、同サーバで運営していた関連12サイトの公開を停止し、調査を進めている。

同市によれば、不正アクセスを受けたのは、複数言語で情報を配信する5件のグローバルサイトをはじめ、URLが「http://www4.city.sapporo.jp」ではじまる関連12サイトを運営しているサーバ。

6月14日1時半ごろ不正アクセスを受けたもので、同市では、不正アクセスの影響は調査しているが、いずれのサイトでも個人情報は扱っていなかった。同市の公式サイトについても、別のサーバで運用しており、影響ないとしている。

サーバを停止した13時30分までにこれらサイトへ592件のアクセスがあり、同市では心当たりがある利用者に対し、マルウェアへ感染していないか、セキュリティ対策ソフトで確認するよう呼びかけている。

同市では、不正アクセス対策を強化したうえでサイトを再開する予定。停止しているのは以下の12サイト。

グローバルサイト(英語)
グローバルサイト(中国語)
グローバルサイト(韓国語)
グローバルサイト(ベトナム語)
グローバルサイト(インドネシア語)
さっぽろバーチャル自転車教室
ワーク・ライフ・バランス認証企業検索ウェブページ
札幌市アーティストバンク
雪堆積場等情報 開設状況マップ
オープンデータカタログサイト
しろいしKidsイベント情報
白石区写真ライブラリー

(Security NEXT - 2016/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン