Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療用ソフトのハッキングコンテスト、80件超の脆弱性が見つかる

神戸デジタル・ラボ(KDL)は、5月に開催した医療機器のハッキングコンテストで80件を超える脆弱性が発見されたことを明らかにした。

同コンテストは、5月28日、29日の2日間、同社とヒューマンスピリッツが共同で開催したもの。実際に国内で使用されている医療系ソフトウェアを解析し、脆弱性の発見を競うもので、6チーム18人が参加した。

今回のコンテストでは、全体で80件超の脆弱性が確認された。患者情報の流出やカルテ情報の改ざんなど深刻な事態につながるおそれのある深刻な脆弱性が、50件以上にのぼるという。

同コンテストで優勝を果たしたのはチーム「イプシロンデルタ」。もっとも深刻な脆弱性を発見。見つけた脆弱性の件数も最多だった。

(Security NEXT - 2016/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働