Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「旧地理院地図」のソースにディレクトリトラバーサルの脆弱性

国土地理院が、2015年まで運用していた「旧地理院地図」のソースに脆弱性が含まれていることがわかった。同院では、現在運用中のソースを利用するよう呼びかけている。

5月25日より以前に、GitHubで公開されていた同ソースに「ディレクトリトラバーサル」の脆弱性「CVE-2016-4814」が含まれていることが判明したもの。Windows上で運用している場合に影響があり、任意のファイルの内容が取得されるおそれがある。

修正版が公開されているが、すでに国土地理院では運用しておらず、同院では現在運用中である地理院地図のソース「The source of GSI Maps」の使用を推奨している。同脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応