Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「旧地理院地図」のソースにディレクトリトラバーサルの脆弱性

国土地理院が、2015年まで運用していた「旧地理院地図」のソースに脆弱性が含まれていることがわかった。同院では、現在運用中のソースを利用するよう呼びかけている。

5月25日より以前に、GitHubで公開されていた同ソースに「ディレクトリトラバーサル」の脆弱性「CVE-2016-4814」が含まれていることが判明したもの。Windows上で運用している場合に影響があり、任意のファイルの内容が取得されるおそれがある。

修正版が公開されているが、すでに国土地理院では運用しておらず、同院では現在運用中である地理院地図のソース「The source of GSI Maps」の使用を推奨している。同脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正