Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染端末から学生や保護者の個人情報が流出 - 中大

中央大学は、パソコン1台がマルウェアに感染し、学生や保護者、教職員などの個人情報が流出していたことを明らかにした。

4月9日に同大多摩キャンパスで事務に使用している端末1台がマルウェアに感染し、その後の調査で情報流出が判明した。流出したデータには、学生や保護者、教職員など20人の氏名や住所、生年月日などが含まれる。

同大では、対象となる学生や関係者には個別に謝罪。また詳細や再発防止策などを検討したうえで、再度書面で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス