Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品

カスペルスキーは、法人向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Security 10 for Mobile」の機能拡張版「Service Pack 1 Maintenance Release 3」を提供開始した。

同製品は、スマートフォンやタブレット端末向けのセキュリティ対策ソフト。マルウェア感染や危険なサイトへのアクセスを防ぐほか、端末紛失時のリモートロックやデータ消去などの機能を搭載している。

今回の機能拡張版では、GoogleのBYOD支援サービスである「Android for Work」の仕事用プロファイルを作成し、管理対象のAndroid端末に反映させることが可能になった。

同機能により、仕事用プロファイル内での製造元が不明なアプリのインストールを禁止したり、仕事用プロファイルから個人用プロファイルへのデータ転送を防止することができる。同機能はAndroid5.0以降で利用できる。

このほか、Android端末におけるアプリ管理の対象カテゴリーに新しいカテゴリーを追加。またAndroid6.0にあらたに対応した。最小構成となる端末10台の場合、初年度の価格は6万9984円。

(Security NEXT - 2016/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL