Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サービス終了で鍵穴がない南京錠型スマートロックが解錠不可能に

電通ブルーが販売したスマートロック「246 Padlock」のサービスが終了となることがわかった。サービス終了後は解錠操作ができなくなるという。

20160428_db_001.jpg
246 Padlock

同製品は、2015年3月に発売された南京錠型のスマートロック。iOSやAndroid向けに提供されている専用アプリから解錠操作を行う。物理的な鍵を利用しておらず、鍵穴も用意されていない。

同社は同製品に関して6月30日に解錠用のアプリについて配布を終了。サービスについても終了すると説明。同日以降は「246Padlock」を開錠できなくなるという。

同社は、今回のサービス終了にともない、製品購入者に対し、返品した場合には本体代金相当額を返金するとしている。

(Security NEXT - 2016/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも