Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害者福祉施設の利用者名簿を第三者へ誤送信 - 台東区

東京都台東区は、委託先においてメールの誤送信が発生し、障害者福祉施設の利用者37人の個人情報含む名簿が流出したことを明らかにした。

同区が障害者就労支援事業を委託している台東つばさ福祉会において、メールの誤送信が発生したもの。4月25日11時ごろ、施設の利用者名簿一覧をメール送信したが、同日13時にメールが宛先に届いていないことが判明。第三者へ誤送信していたことへ気が付いたという。

誤送信したメールには、施設利用者の氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、年齢、緊急連絡先のほか、障害種別や障害の程度などが記載されていた。同日中に、誤送信先に対しメールでデータの削除を依頼した。また対象となる利用者に謝罪する。

(Security NEXT - 2016/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県