Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害者福祉施設の利用者名簿を第三者へ誤送信 - 台東区

東京都台東区は、委託先においてメールの誤送信が発生し、障害者福祉施設の利用者37人の個人情報含む名簿が流出したことを明らかにした。

同区が障害者就労支援事業を委託している台東つばさ福祉会において、メールの誤送信が発生したもの。4月25日11時ごろ、施設の利用者名簿一覧をメール送信したが、同日13時にメールが宛先に届いていないことが判明。第三者へ誤送信していたことへ気が付いたという。

誤送信したメールには、施設利用者の氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、年齢、緊急連絡先のほか、障害種別や障害の程度などが記載されていた。同日中に、誤送信先に対しメールでデータの削除を依頼した。また対象となる利用者に謝罪する。

(Security NEXT - 2016/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
認定個人情報保護団体向けメールで誤送信、メアド流出 - 個情委
テストメールを誤送信、メアドが受信者間に流出 - トヨタ子会社