Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、疑似攻撃による評価サービス - IoT機器などにも対応

ファイア・アイは、組織のセキュリティ状況を評価する2種類のサービス「Mandiantレッドチーム・サービス」と「Mandiantペネトレーション・テスト」を提供する。

同社が2014年に買収したMandiantのサービス2種を投入するもの。「同レッドチーム・サービス」では、機密情報に対するサイバー攻撃を疑似的に行うことで、企業のセキュリティ体制を調査。対応プロセスについてアドバイスを行う。

また「同ペネトレーション・テスト」は、産業制御システムやIoTデバイス、モバイルデバイス、ウェブアプリケーションなど特定の技術やシステムを評価するサービス。攻撃グループが脆弱性を悪用して攻撃を行う際の手法を用いて侵入テストを行う。

(Security NEXT - 2016/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ