Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zen Cart」に複数のXSSの脆弱性 - アップデートで修正

オープンソースのショッピングカートソフトウェア「Zen Cart」において、複数の「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性が含まれていることがわかった。修正版がリリースされている。

20160330_zc_001.jpg
Zen Cart

同ソフトの管理画面に存在するほか、認証なく攻撃が可能となる脆弱性も見つかったもの。脆弱性が悪用されるとCookieや機密情報などを取得されるおそれがあるという。

今回の脆弱性は、Trustwaveが脆弱性を発見したもので、「Zen Cart 1.5.4」および以前のバージョンが影響を受ける。報告を受けた開発者チームでは、脆弱性を修正した「同1.5.5」をリリース。アップデートが推奨されている。

またTrustwaveによれば、最新版に関しても、悪用にはアプリケーションの管理者権限が必要となるが、一部脆弱性が未修正となっているという。

(Security NEXT - 2016/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も