Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立シス、リスク評価やセキュリティレベルを保つサービスを開始

日立システムズは、買収した加Abave Securityの技術を活用し、セキュリティリスクの評価サービスと、セキュリティ対策の運用状態を監視し、一定のレベルを維持するサービスを提供開始した。

「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」は、企業の情報資産における脆弱性や脅威などのリスクを独自の分析手法で数値化し、リスクを評価するもので、評価結果に基づいて、実行すべき対策の優先順位付けを行う。

評価に用いるフレームワークは、加Abave Securityが北米で金融機関やインフラ事業者、医療機関などへ展開するものを日本国内向けにアレンジした。

一方、「SHIELD セキュリティリスク管理サービス」は、Abave Securityのセキュリティリスク管理ソフトウェアと同社SOCを組み合わせたサービス。

顧客企業における脆弱性対策の状況や攻撃の有無などセキュリティ運用状態を定常的に監視。セキュリティ体制の有効性を評価し、対策すべきポイントを洗い出すという。サイバー攻撃を検知した場合は、通知するとともにセキュリティオペレーションセンターが攻撃の遮断などを行う。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材