Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が県税関連の書類を鞄ごと紛失 - 広島県

広島県西部県税事務所呉分室の職員が、個人情報含む県税関連の書類を、帰宅途中に鞄ごと紛失していたことがわかった。

3月18日、職員が業務について再確認するための参考資料として、過去に窓口で発行された納税証明書の写しなどを無断で事務所から持ち出したが、移動途中で所在がわからなくなったという。

JR呉駅から電車に乗車して移動したが、広島駅に到着した21時過ぎに足元に置いていたリュックサックがなくなっていることに気が付いた。紛失したのは、納税者の氏名や住所、納税額が記載された納税証明書の写しなど5件ほどと見られている。

対象となる納税者は不明。同県では、個人情報の持ち出し禁止を再度周知徹底するよう全県税事務所に指示した。

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院