Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、BIソフト「Pentaho」活用したマルウェア感染端末の調査サービス

日立情報通信エンジニアリングは、マルウェアへ感染した端末の特定を支援する「マルウェア感染調査支援」サービスを4月1日より提供開始する。

同サービスは、マルウェアに感染した端末を特定し、特定の根拠となった解析結果をレポートするもの。オープンソースソフトウェアの「Pentaho」を活用し、ネットワーク上のログを解析。感染端末を特定し、根拠となる数値データをグラフ化したレポートを提供する。

同サービスは、同社の脆弱性情報やバグ情報を提供する「セキュリティサポートサービス」のサービスメニューとして展開。年額料金は155万5200円から。

(Security NEXT - 2016/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure