Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートメーターアプリに情報漏洩の脆弱性

20160314_ds_001.jpg
米DTE Energyが提供するDTE Insightの画面

米国内でエネルギー事業を展開するDTE Energyが、利用者向けに提供しているアプリ「DTE Insight」に脆弱性が判明した。脆弱性へ対処したアップデートが提供されているほか、サーバでも緩和処置を行ったという。

同アプリは、顧客が電力の使用状況などをリアルタイムに確認できるアプリ。REST APIを用いており、認証されたユーザーが「filter」パラメータを改ざんすることで、他顧客の情報へリモートよりアクセスし、取得できる脆弱性「CVE-2016-1562」が含まれる。

DTE Energyでは、現在公開している「同1.7.10」を含む「同 1.7.8」以降のバージョンで脆弱性を解消しているほか、サーバ側でも対策を講じたという。

(Security NEXT - 2016/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス