Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルーティングソフト「Quagga」にバッファオーバーフローの脆弱性

複数のルーティングプロトコルをサポートする「Quagga」において、特定条件下において任意のコードを実行される脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同ソフトにおいて、VPNv4用のBGPピアをbgpdへ設定している場合、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2016-2342」が存在するという。脆弱性を悪用された場合、任意のコードを実行されるおそれがある。

開発者は脆弱性を解消した「同1.0.20160309」を提供している。

(Security NEXT - 2016/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み