Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、高度安全走行システムを開発する「情報安全システム事業部」を新設

日立オートモティブシステムズは、高度安全走行システムの開発や販売を目指し、「情報安全システム事業部」を4月1日付けで新設する。

新事業部は、「パワートレイン&電子事業部」「エンジン&シャシー事業部」「走行制御事業部」「市販事業部」に次いで設置されるもので、これら既存事業部の製品や日立グループの技術をもとに、電子、電動化製品やコントローラーとソフトによる統合制御技術や通信システムなどの技術を融合させ、高度安全走行システムを開発し、カーメーカーへの提案や販売を推進するという。

新事業部の組織は、事業戦略策定やシステムエンジニアによるソリューション提案などを担当する「グローバル事業企画部」のほか、「設計開発本部」「システム品質保証部」などで構成され、約200人の体制でスタート。今後はより安全な自動車社会の実現に向け、事業拡大を図るとしている。

(Security NEXT - 2016/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「GitHub Enterprise」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正