Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、高度安全走行システムを開発する「情報安全システム事業部」を新設

日立オートモティブシステムズは、高度安全走行システムの開発や販売を目指し、「情報安全システム事業部」を4月1日付けで新設する。

新事業部は、「パワートレイン&電子事業部」「エンジン&シャシー事業部」「走行制御事業部」「市販事業部」に次いで設置されるもので、これら既存事業部の製品や日立グループの技術をもとに、電子、電動化製品やコントローラーとソフトによる統合制御技術や通信システムなどの技術を融合させ、高度安全走行システムを開発し、カーメーカーへの提案や販売を推進するという。

新事業部の組織は、事業戦略策定やシステムエンジニアによるソリューション提案などを担当する「グローバル事業企画部」のほか、「設計開発本部」「システム品質保証部」などで構成され、約200人の体制でスタート。今後はより安全な自動車社会の実現に向け、事業拡大を図るとしている。

(Security NEXT - 2016/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
認証サーバでアクセス制御する「SaaS」も標的 - 多段階攻撃で侵入被害
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA
「Cisco Small Business WAP」に2件の脆弱性 - 一部製品はEOLで修正プログラムなし
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験