Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性に対処した「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」向けのセキュリティアップデート「APSB16-09」をリリースした。悪用などは確認されていない。

20160309_as_001.jpg
アップデートを公開したAdobe Systems

今回のアップデートは、メモリ破壊の脆弱性など3件の脆弱性へ対処したもの。脆弱性が悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがある。同社では、最新版として「同15.010.20060」「同15.006.30121」「同11.0.15」を公開した。

緊急度は4段階中もっとも高い「クリティカル」に指定。一方、脆弱性の悪用は確認されておらず、過去の攻撃パターンなどを踏まえた適用優先度は、3段階中2番目となる「2」にレーティングしており、30日以内を目安に適用を呼びかけている。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-1007
CVE-2016-1008
CVE-2016-1009

(Security NEXT - 2016/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
WordPress向けSEOプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ