Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガードとパイオリンク、感染端末を遮断する新ソリューション

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンと韓パイオリンクは、マルウェアへ感染したデバイスの特定と遮断を自動で行う連携ソリューションを提供する。

同ソリューションは、パイオリンクのセキュリティスイッチ「TiFRONT」および運用管理ツール「TiManager」と、ウォッチガードのUTMアプライアンス「WatchGuard Firebox」を連携させたもので、マルウェアに感染した端末の特定や遮断を自動的に行えるという。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア