Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関向け「Azure」対応セキュリティリファレンス - MRIら

三菱総合研究所(MRI)と日本ビジネスシステムズ(JBS)は、「医療機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス(Azure対応版)」を公開した。

同リファレンスは、医療機関に対し厚生労働省、総務省、経済産業省の3省が公開している情報セキュリティ対策に関する4ガイドラインに対し、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」の対応状況を調査、取りまとめたもの。

医療機関が、Azureを使用したり、SIerが同クラウドサービスを活用して医療機関にサービスを提供する場合を想定し、各省庁のガイドラインへ適合しているか、セルフチェックするためのツールとして用意したという。

具体的には、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第4.2版」、総務省の「ASP・SaaSにおける情報セキュリティ対策ガイドライン」と「ASP・SaaS事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン 第1.1版」、経済産業省の「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン」への対応状況を調べた。

マイクロソフトによるガイドラインへの見解や対応状況、適合性、確認文書の開示レベルのほか、第三者認証から類推した内容やインタビューで確認した内容、NDAに基づき確認した資料などを通じて調査を実施しており、さらにSI事業者や利用者で必要な対応なども示している。

(Security NEXT - 2016/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス