Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、クラウドセキュリティ監査制度で「CSゴールドマーク」

日本マイクロソフトは、「クラウド情報セキュリティ監査制度」において「CSゴールドマーク」を取得したと発表した。

クラウド情報セキュリティ監査制度は、日本セキュリティ監査協会(JASA)のクラウドセッキュリティ推進協議会(JCISPA)が制定したクラウド提供事業者向けの認定制度。クラウドサービスの特性を踏まえ、対策を講じる必要がある要件を満たしているか監査を行い、認定を受けた事業者は「クラウドセキュリティ(CS)マーク」を使用できる。

同制度は、もともと経済産業省が公開した「クラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドライン」をもとに要件を定めていたが、日本の提案により国際規格「ISO/IEC 27017」が発行されたことを受け、同基準の基本的な要件を満たしているか監査、認定する。

同マークには、内部監査を終えた場合に付与されるシルバーと、第三者による外部監査を終えた場合に提供されるゴールドがあるが、今回日本マイクロソフトでは、ゴールドを取得した。

同社では、今回の認定取得により、「Microsoft Azure」「Office 365」などのクラウドサービスを、客観的な基準で安全性が確認されたサービスとして市場へ展開していきたい考え。

(Security NEXT - 2016/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」