Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で産廃事業者のメアドなど流出 - 東京都環境公社

東京都環境公社においてメール送信ミスが発生し、産業廃棄物処理業者優良性基準適合認定制度事業における関係事業者13社の情報が流出した。

2月8日16時ごろに担当者がメールで優良性認定事業者へ通知文を送信した際に誤送信が発生したもの。送信先である250社を10社程度に分割して送っていたが、そのうち13社について宛先に記載しており、13社のほか、BCCで送信した138社のあわせて151社において、13社分の担当者氏名やメールアドレスが漏洩した。

同日18時15分にメールを受信した事業者から指摘があり問題が判明。対象となる事業者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2016/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出